_2
img012_2


【 野口コーチのテニス理論 】


〈 テニスワーク理論 〉


※「テニスワーク」とは「テニスを“勝つ・上達する・楽しむ”為に必要な体全体の使い方」と言う意味です※



無料メールマガジン : 元ATPランカーのテニス上達法「テニスワーク理論で勝利をつかもう!」
「現在休刊中」
メルマガスタンド「まぐまぐ」と「メルマ」から発刊中!!

 

☆スポーツでは、「基本が一番大切」であると言われていますが…

この「テニスワーク理論」では、基本の更に元になる体の自然な使い方基礎の部分
最重要視した考えから成り立っています。

例えば、どんなに豪華な家でも基礎がしっかりしていないと、歪みや傾き等がおこりドア
や窓の開閉が出来なくなったりと生活に困ってしまいます。しかも、家の基礎を直すには
大変な手間とお金がかかります。

しかし、テニスの基礎は人によって多少の差は出ますが、問題点をしっかりと把握して
修正方法を習得して行けば、必ず治るばかりでなくレベルアップも出来ます。

試合で勝つ事を考えた場合には、長所を伸ばす事と苦手を少なくする事、その為に「
ニスワーク理論基礎をしっかり見直して下さい。

「5つのテニスワーク理論」「テニスワーク理論」に変更しました。


「 アイ・ワーク 」(目線の使い方)

あなたは、ボールのどこを見て打っていますか?
相手が打つ時、どこを見て守っていますか?
ボールの外側を見るとクロスへ打ち易く、下側を見るとロブを打ち易いです。
利き目」を知ればテニスが変わります。※利き目が解る
私は「右利き・左目利き」なので、バックハンドは正面向きに近い体勢で打ちます。


「 ボディー・ワーク 」(上体や上腕の使い方)

あなたは、胸の角度とラケット面の関係を知っていますか?
前傾すると打ち込み易く、後傾するとロブ等が上げ易い。
グランドストロークでは、上腕(肘の上)を体に付けた「脇を締めた」状態を基本に
します。
脇を締めれば、コンパクトで力強いフォームになります。


「 フット・ワーク 」(脚や足の使い方)

膝をなぜ曲げて、打ちますか?
足底の使い方は、「動き出す・止まる・滑る・戻る」といった動きによって、使う場所が違います。
待ち足と踏み込み足の関係とタイミングを覚えれば、力の伝わった良いボールが打てます。
右利きでは、フォアハンド通常右待ち足ですが、ジャックナイフでは左待ち足になります。


「 ラケット・ワーク 」(ラケットや前腕・手首・指の使い方)

あなたは、ショットに合わせた構えとグリップが出来ていますか?
スピン系のショットはトップの部分が加速して、スライス系ショットは腕とラケットがワンピースで動きます。
力を入れる指がヘッドを動かすカギになります。
「親指・人差し指・中指」の神経と、「薬指・小指」の神経は別の物で、スピンとスライスの使い分けに必要となります。


「 ヘッド・ワーク 」(戦略や戦術・予測など)

あなたは、自分の一番得点力のあるパターンを知っていますか?
打ったボールの位置や居る場所 によって、次の行動が変わります。
試合経過を基に、相手の強点弱点等の情報を分析対処します。
「重点ポイント練習会」や「ゲーム分析会」でも学べます。


【 野口コーチのプレー戦績 】



主な物を掲載、ローカルも含め優勝100回以上


◎ジャパンオープン・ダブルス本選出場(’84:1R ‘85:1R)
 ※ATPポイント獲得(世界ランキングに当たります)

◎全日本・ダブルス本選出場(’83~’89:最高ベスト16)

◎全日本都市対抗戦優勝(’83:東京代表 単.複全勝)

◎地方選手権・ダブルス優勝(’83:中国.’85東北)

◎埼玉県大会優勝(単4回、複2回)、茨城県大会優勝(単1回)

◎高校:インターハイ・関東大会(単2回:2R)茨城県優勝(単7回)

◎大学:インカレ(単2回:2R、複1回:2R)関東(最高:単ベスト16、複ベスト4)



< 野口コーチ テニスのあゆみ >



中学に入学した年に父が脱サラして、テニスクラブを始めるが、中学では卓球部
に所属していた為、部活動引退後「中3の夏休み」からテニスを始める。

初出場の大会(高校・茨城県大会)でシングルスベスト8に入り、高校1年新人
戦時より県大会優勝、インターハイへは2回出場(シングルス2回戦)等の戦績をあ
げる。

順天堂大学に進み3年・4年時にはインカレ出場(シングル・ダブルス2回戦)全
日本選手権出場(ダブルス1回戦)、監督の水野先生の指導で渋谷プロ他(全日
本室内準優勝)と練習し基礎のテニス理論を学びました。

大学卒業後コーチをしながら選手活動を続け、ジャパンオープン出場(ダブルス)
全日本ベスト16(ダブルス)・全日本都市対抗戦優勝(単.複全勝)・地方大会優
勝(中国.東北)・埼玉県や茨城県大会優勝等で活躍しながら、諏訪礼子プロなど
のジュニア時代の指導も行いました。

引退後プロテニス協会に入会しコーチ業に専念、「5つのテニスワーク理論」の
確立を目指し、2000年に「彩スポーツプロジェクト」を設立して独立しました。

2002年には鷲宮会場を本部として、名称を「彩テニススクール」に変更しジュ
ニアに力を入れ始める。2004年には白岡にも会場を増やす。2007年には「関東
中学出場」「高校選抜関東予選出場」。2008年には「全国高校選抜出場」。200
9年には「埼玉県中学生団体優勝」とジュニア達が頑張っています。



※「テニスワーク理論」やテニスに関する質問や問合せ等を受付ます 。

 ⇒ コチラから質問して下さい。

 ⇒ 問合せ等